読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴飲暴食びより

富山在住の大学生による食べ歩きブログ。B級グルメがメイン

【誠や】濃厚魚介の塩ラーメン!

富山県高岡市にある「誠や」さんを紹介します。

富山ブラックと塩ラーメンが看板のお店で、僕はブラックが好きでないので塩ラーメンの方を選択しました。

実をいうと今回が初めての訪問というわけではなく、数年前までは結構な頻度で通っているお店だったのですが、ここ最近は全く来ておらず味の記憶もおぼろげになっていたので再訪問しました。

 

f:id:monstere:20151213181151j:plain

 

注文したのは「塩らーめん」です。

まずはスープを一口。

ものすごい濃厚です。白濁する寸前まで煮だされた鶏ガラ、とんこつの出汁と、それに負けないように濃厚に取られた魚介出汁が非常に強烈です。

店内の張り紙に「繊細」と書いてありましたが全然そんなことないです(笑)

一般的な塩ラーメンに比べて旨みとコクが非常に強く、すっきりとしつつも物足りない従来の塩ラーメンに比べて格段に美味しいと感じました。

濃厚と言っても白濁するまでは煮込んでいないためクリーミーな感じではありません。あくまで塩ラーメンとしてのキレを失わない範囲での濃厚さです。

香味油も魚介の香りを移してあり、味にメリハリを与えています。

 

次に麺をすすります。

ものすごいコシです。前に食べたときはこんなにコシがあったかな?と思います。

加水率はそこまで低くなくモッチリとした感じでゴムのようなコシです。個人的にはもうちょっと歯切れが良くても良かったのではないかと思いました。すこし爽快感に書けます。小麦の味がしっかりと感じる麺でスープの濃厚さにも負けていませんでした。

 

チャーシューは少しくどかったです。スープの味を壊さないよう醤油味がそこまで強くないチャーシューだったのですが塩味が結構効いており正直辛かったです。醤油味を薄めている配慮はよかったのですが・・・

 

総評

非常にハイレベルな塩ラーメンだったと思います。麺に関しては完全に好みのレベルで明確に欠点だと感じたのはチャーシューのみでした。

 

【勝屋】煮干し尽くしの煮干しラーメン!

今回は富山県富山市にある「勝屋」を紹介したいと思います。

事前に調べて行ったところ富山駅近くにある「一心」というお店のネクストブランドだそうで、「一心」では濃い口しょうゆ味、こちらでは煮干しにこだわったというのをウリにしているそうです。煮干し系は大好きなので期待値が上がります。

 

f:id:monstere:20151208204224j:plain

私は「特製中華そば」、連れは「中華そば」を注文しました。メニュー表によると「中華そば」は煮干しと鶏、豚骨の複合出汁、「特製中華そば」は煮干し出汁オンリーとのことです。煮干し油まで浮かせて煮干しにこだわっているらしいです。

 

まずはスープを一口・・・非常によく出汁が取れています。味わいもまろやかで非常にやさしい味わいに仕上がっています。うん、美味しいです。煮干しオンリーといっている割に煮干し感が少ないのは煮干し独特の臭みやエグみが全然ないからですね。

個人的には臭みやエグみも含めて煮干し味が好きなので少し残念ではあります。上品にまとめ過ぎたように思います。

とはいえスープは味付けのバランス、出汁の濃厚さとともに非常にハイレベルで美味しいです。

 

次に麺とスープをたっぷり絡めて食べます。

・・・

・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・麺がァ!!麺が酷すぎるゥ!!

自家製の高加水中太縮れ麺です。自家製でこんなことになるくらいなら製麺所に頼んでくれ・・・

いやね、麺自体は別にそこまでこき下ろすものでもないんですよ。ちょっと柔い、コシが足りない感じはしますがプルプルとしていて縮れている食感も面白いです。

 

ただ、かん水(かな?)の独特の香りが煮干しの香りを完全にぶっ飛ばしています。

縮れているため多少の緩和はできていますが、中太+高加水のコンボでスープとの絡みが非常に悪いです。麺の香りに勝てるほどのスープが絡んできません。

スープだけの時でさえ「あれ?煮干し感が少し弱いかな?」と思ったのに麺と食べたら完全に煮干し感が消え去りましたね。食べ終わりごろのスープを吸って伸びてきた麺当たりでやっと煮干し感を取り戻していました。

 

正直ここまでミスマッチな麺を良くセレクトしたなと驚きました。せめて太さがもうちょっと細ければマシだったろうに・・・

 

あと器の形状もこのラーメンにミスマッチだと思いました。

口の部分が狭く背の高いずんぐりとしたどんぶりだったのですが、麺同士が絡みダマ状態になっていてすすり辛くモッタリとした食べ味になってしまい、柔い麺も相まってキレが全くないように感じます。中太の縮れ麺とは合っていないですね。

また、一般的に口が広いどんぶりの方が香りが立ちやすいと言われています。香りが少なく感じたのも口が狭いことが原因の一端かもしれません。

口が狭いのも冷めにくい等のメリットがあるのでどちらが優れているとは言えないですが今回のラーメンには合っていなかったと思います。

 

具は全部そつなくおいしいです。スープ同様いい仕事しています。

麺さえどうにかなれば・・・(泣)

 

連れの「中華そば」も少しもらってみたところ、こちらは動物系の重厚なうまみ+煮干しのエグみや臭みもあり個人的にはこちらの方が好みでした。動物系に負けまいと煮干し出汁を取っているのか煮干しオンリーの特製よりも煮干し感が出ているように感じました。

麺がダメなのはこちらも同様でしたが・・・

 

総評

とりあえず麺を何とかしてほしいです。

店内に「麺は硬めは選べません」と合ったので店主さんはこういうのが好みなんでしょうか・・・?硬さだけでなく。スープとの絡み、麺の香りとスープの香りの相性の悪さも考慮してほしいと思いました。

 

あとやっぱり煮干し感をもっと強めてほしいですね。注文で煮干し度上げられるようですが、どうせ煮干し好きしか来ないような店で、その中でもさらに煮干し好きしか注文しないような煮干し出汁オンリーの「特製中華そば」で遠慮する必要はないと思いました。煮干しの臭みや苦み、エグみも煮干し好きにとっては大きな魅力です。

洗練しすぎて、臭みと一緒に煮干しの個性も消してしまっている感じが否めませんでした。洗練=おいしいではないと思うので、もっと荒削りながらも強みを押し出してほしいと思いました。

 

 

【支那そばや 翠月】厳選素材の無化調らーめん!

今回は富山県呉羽市にある支那そばや 翠月さんに行ってきました!

 

素材にこだわった無化調無添加ラーメンがウリのお店です。警戒心が高まります(笑)

味以外の部分のウリにしてると「味が悪い免罪符にしているのでは?」と妙に警戒しちゃうんですよね(笑)

 

では紹介します。

f:id:monstere:20151205114834j:plain

 

 

注文したのは一番人気とあった「塩ネギらーめん」の全部乗せです。

まずはラーメンのスープを一口・・・

・・・塩のカドが立ち過ぎでね??

麺と一緒に食べたらそんなことも無いのかな・・・と麺をすすります。

・・・おお!麺旨い!低加水ぎみの中細ストレート麺でコシもあり小麦の香りも心地いです。スープの絡みもいいです。

・・・ですがスープは依然しょっぱいです。塩のとげとげしさが麺やスープの複雑(そうな)味わいを上塗りにしてる感じが否めないです。たっぷりと乗せてあるネギと食べても改善されません。

出汁は魚介と鶏ガラがベースの様で後味がさっぱりとした味わいなのですが、その後味の部分で塩のとげとげしさが出てしまっている感じがしました。トンコツ系の残るうまみが足りないことと、洗練しようとしてなのかあまり甘みがないタレのせいでとげとげしさが出てしまっているのかと思います。

せっかくの厳選素材の旨みや美味しい麺のうまみがきつい塩味で隠れてしまっていて非常にもったいなく感じます。

トッピングは揚げ玉ねぎと生ネギ、チャーシュー、メンマ、煮玉子、チンゲン菜(?)ワンタンでした。

揚げ玉ねぎを絡めた時だけ甘みでとげとげしさが緩和されてよかったです。香ばしさもプラスされておりいい働きをしていました。

チャーシューはスープに合わせた薄味で適度に油もあり塩ラーメンのボリュームのなさを補っていました。

煮玉子は名古屋コーチンの卵を使用しているそうです。味自体は黄身が濃厚で美味しかったのですが、かむと黄身がこぼれるほどの半熟で黄身が溶けて淡麗スープを濁らせてしまうのが少し残念でした。

ワンタンに関しては前述のしょっぱいスープをたっぷり吸っていて非常に塩辛く良く味わうことができませんでした・・・

生ネギは生の青臭さはなかったのはよかったのですがスープに溶かしてもそれほど清涼感を出すわけでもなく、甘みもそこまで付与するものではなかったので存在意義が薄かったように思いました。

 

総合的に見てスープの塩っ辛さがかなりの難点でした。

ですが出汁や麺はよかったのでポテンシャルはあると思います。今回頂いた平日割引券で醤油ラーメンでも再チャレンジしてみようと思いました。

【客野製麺所】温故知新!懐かしくも新しいニューウェイブ醤油ラーメン!

石川県 ラーメン

今までのはちょっとシンプル過ぎたと思い、今回からタイトルの書き方を変えてみました。

今回紹介するのは石川県金沢市にあるラーメン店「客野製麺所」さんです。

 

f:id:monstere:20151124150711j:plain f:id:monstere:20151124150716j:plain

らーめん(薄口醤油)          中華そば(濃口醤油

 

製麺所を名乗るだけあって麺が非常においしいです。コシの強い低加水の細ストレート麺で小麦の香りが強く、細麺かつ低加水ゆえのスープの絡みやすさで薄口のスープでも物足りないということはなかったです。

 

スープは両方鶏ガラ、煮干し出汁ベースのあっさりスープでした。シンプルな作りで昔ながらのあっさり醤油ラーメンに似たイメージを抱かせますが、昔ながらのスープに比べ鶏ガラ出汁も煮干し出汁も強く濃厚な出汁にしてあり現代風に仕上げてあります。スープだけで飲むより麺と食べた方が旨さが増しており麺とのバランスが考えられているなと思いました。

 

薄口と濃口に関しては醤油の香りが立っているか否かという点が大きな差異だと思いました。薄口と言っても濃口に比べて塩分濃度がそこまで低いかと言ったらそうでもなく薄口と言いつつも必要な塩分量をしっかりと満たしていました。濃口の方は薄口に比べ醤油の香りが立っており、その香りに負けないよう煮干し出汁を強めているように感じました。醤油と煮干しのうまみの分濃口の方が旨さが濃かったです。

麺の小麦の香りを楽しみたいのなら煮干しと醤油の香りが少ない薄口をおすすめします。

 

また、両方ともスープに胡椒(かな?)の辛味が結構効いてました。食べ進めている内に口の中がヒリヒリとしてきて、この辛味のおかげでやさしい味わいのスープにメリハリが生まれていたと思います。やさしさとメリハリをうまく両立していました。胡椒の香りはそれほど強くなく辛さだけが残っていたので粒をそのまま入れたのではなく胡椒出汁でも混ぜてるのかなーと疑ってみたり(実際のところはわかりませんが)。出汁の材料のシンプルさ故に複雑さに欠けるところはありましたがこれにより緩和されていました。

 

チャーシューは肉の食感と味を残した薄口タイプでした。このあっさりスープによくマッチしていたと思います。メンマも柔らかく仕上げてあり丁寧な仕事をしていると思いました。

ネギが細かく切ってあったのもよかったです。煮干し出汁を効かせているとはいえ、ネギの香りには負けてしまう部分もあるのでそのネギが小さく切ってあることで麺に絡む量も適度で香りを邪魔をしないようになっていました。

 

あとナルトが入っていたのですが、何故か油で揚げていました。

ただ、個人的にはあっさり気味のスープに適度な油感を付与しており、食感も上げて水分を飛ばしてあることで硬くなっていて、このラーメンの中になかった食感を与えることによりメリハリが生まれていて存在意義はあったと思いました。生のナルトと油で揚げたのどちらがいいかと聞かれたら揚げた方だと答えます。あった方がよかったかと聞かれたら「あってもいいけど、なくてもよかった気もする」という感じでしたが生のナルトに比べると非常によかったと思います。

 

総評 

このラーメンのコンセプトは「昔ながらのあっさり醤油のリメイク」だと思いました。

昔のラーメンって鶏ガラと煮干し、ちょっとの野菜の出汁のシンプルなあっさり醤油ラーメンでナルトが乗ってて・・・って感じでそれに胡椒をぶっかけて食べる、って感じだったじゃないですか。

その流れで大まかな出汁の材料は変えず、各出汁を濃厚にして現代の味覚に合わせ、それだと優しすぎるのと複雑さが足りなくてメリハリがないのを胡椒の辛味をプラスして解消。また、最初から混ぜておくことで胡椒の強烈な香りも出ないから出汁の風味も生かせる。

昔に倣ってナルトもトッピングするけどそのままじゃ合わないから揚げたって感じのラーメンだと思いました。出汁の素材自体は昔の組み合わせ故なつかしさを感じさせますが中身は完全に現代版でしたね。非常においしかったです。

 

あとサイドメニューのパーコー丼も食べました。

f:id:monstere:20151124155258j:plain

パーコーとは簡単に言えば豚の唐揚げですね。ニンニクががっつり効かせてある濃厚な味わいの甘辛いタレがかかっておりラーメンの繊細さとの落差に驚きました。勢いのある味で美味しかったです。丼ぶりモノは勢いが大事ですね(笑)

 

ラーメンは両方ともあっさりだったのでボリュームがほしい人は「パーコー麺」が良いと思います。脂分も付与されるので濃厚さとコクが増すんだと思います(食べてないから予想ですが・・)

ネギ油をかけたラーメンもあるらしく次に行った時にはそちらも食べてみたいです。

 

 

 

 

【カレーレポート】HOT SPOON -MUTTON KEEMA-

カレー 富山県

本日はカレーのレポートです。

最初のブログの紹介で「ラーメン・カレーとかの記事が多くなりそう」って書いてるくせにラーメンのレビューばっかになってしまっているのでここらでカレーのレビューでも挟みたいと思います。

 

実は富山県射水市は結構なカレーのメッカなんですよね。4~5件本格的なインド・パキスタンシェフのカレー屋さんがあります。今回紹介するのはその中でもかなり人気の高い「HOT SPOON」さんです。

 

日替わりメニューの「MUTTON KEEMA」です。

f:id:monstere:20151118180251j:plain

f:id:monstere:20151118180236j:plain

 

このお店では通常メニュー+日替わりメニューがあり、基本的にカレーレポートでは日替わりカレーを紹介していきたいと思います。

 

「MUTTON KEEMA」はマトン肉(成熟した羊肉)とグリーンピースキーマカレー(ひき肉のカレー)です。千切り(百切りくらいの太さだが)のショウガと小口ネギが散らしてあります。左のライスはターメリックライスです。

 

では味のレビューを・・・

かなり水分の少ないタイプでそぼろのスパイス炒めといった体です。そのためかマトンのうまみがかなり濃いです。マトン独特の臭みも結構強めですね。僕はマトンの匂いは好きなので大丈夫でしたが慣れていない人はきついかもです。

軽い酸味と辛味で癖の強いマトンもおいしく食べられる仕様になっていると思います。

肉のうまみが強くこってりしてるのをグリーンピースが上手く緩和してるといった感じです。ホクホクとした食感です。

カレーそのものの熱で乗せられているショウガに火が通り生のきつい感じは次第になくなっていきます。このショウガも肉のしつこさを緩和するのに役立っています。

 

・・・ここまで書いておいてあれですけどスパイスの知識がないから書くこと全然ないですね。味と名称の認識が一致してないから書こうにも書けません()

イマイチしまらないレビューになってしまって申し訳ないです。

 

 

 

 

【コンビニレポート】ファミマ中華マン新作2種

ファミリーマート コンビニ

ファミリーマートの新作中華まん「激辛四川風麻婆肉まん」「トンポーローまん」のレポートです。最近のファミマはラーメンや中華まんと中華路線で攻めてきてますね。

 

・激辛四川風麻婆まん

f:id:monstere:20151113212815j:plain

・・・・辛いです。激辛というだけはあります。

ただ、唐辛子の辛さだけではなく山椒のさわやかな痺れるような辛さもあり複雑な辛さで美味しく食べられます。子供や辛いのが苦手な方にはそれでもツラいとは思いますが・・・

かなり本格的な四川風となっており好印象でした。生地にもトウガラシが練りこんであるようですがそこはよくわかりませんでした・・・。

辛いのが大丈夫という方には是非お勧めです!個人的にはかなりのヒット作でした!

 

・トンポーロウまん

f:id:monstere:20151113212822j:plain

豚の角切りを煮た料理「トンポーロウ」がゴロゴロと入った中華まんです。豪華ですね。角切りはやわらかく煮えていてフカフカの中華まんの食感にも違和感なく良かったです。美味しい部類だと思います。

肉が角切り故、肉が口に入ってこない時があり、その時は甘いアンだけで生地を食べなければならなかったのが少し辛かったです。あとアンが甘いためずっと甘い味が続くのが単調に思えました。ショウガの千切りでも混ぜてみたら食感にも味にもメリハリが出るのではないかなと思いました。

 

以上でファミリーマート新作中華まんのレポートを終わります。どちらも数量限定らしいので食べたい方はお急ぎで!

【ラーメンレポート】北陸ラーメン博

ラーメン

ブログ開設前の出来事ですが先月北陸ラーメン博に行ってきました。

イベントでは母と二人で合計6杯のラーメンを食べてきましたので各ラーメンについて評価したいと思います。

 

吉祥寺武蔵家(東京):とびうお塩とんこつラーメン

f:id:monstere:20151112183107j:plain

 

魚介のうまみと豚骨のまろやかさがマッチしてまとまりのある味わいに仕上がっていました。麺ものど越しよく腰もあり美味しかったです。ただ、とびうおが煮干し等に比べて魚介の香りが強くなかったため魚介感が薄く「食べやすい豚骨ラーメン」に収まってしまった感じが否めません。まとまりがあり美味しかったですが個性的なラーメンが集うイベントではインパクトに欠け、印象に残りずらかったです。とびうおの要素を強めて個性を出してほしいと思いました。

 

きむずかし家(長野):信州鶏白湯らーめん

f:id:monstere:20151112183716j:plain

 

近年注目されている鶏白湯スープの先駆者だそうです。スープは濃厚な鶏のうまみを軸に重層的にするために魚介出汁が混ぜてあります。鶏だけだと少し優しすぎる味わいが煮干し等の魚介出汁で引き締まり美味しく仕上がっていると思います。鶏臭さも消えて万人受けしやすくなっているのも煮干しのおかげでしょうか。煮干しが強すぎて鶏の味わいが損なわれているパターンの店もある中、ここは鶏の個性を残しつつ弱点をうまく消せていると思います。

麺は中太の平麺で柔らかめでした。少しコシが足りない気もしましたが平麺独特のぴらぴらとした食感が面白く、また麺に全粉粒らしきものが練りこまれており少しざらついた表面も形状と相まって面白い食感を出していました。好き嫌いがわかれそうです。僕は好きでした。

 

 麺や食堂(神奈川):コク旨淡麗しおそば

f:id:monstere:20151112184907j:plain

 

あっさりとしつつも、しっかりと煮出された出汁で濃厚なうまみが感じれる塩ラーメンでした。名前に恥じないコクと旨みだったと思います。塩ラーメンの弱点である調味料が塩だけで旨みが増加しない分単調になりやすい点も複雑な出汁と香味油のおかげで気になりませんでした。

麺は低加水のしゃっきりとした麺でコシはあるが歯切れがよく小麦の香りがしっかりする非常においしい麺でした。この小麦の香りも味わいを複雑にする一端を担っていたかと思います。

非常においしかったのですがあっさり故満足感に欠ける感じはしました。複数のラーメンを食べるラーメン博というイベントの中ではちょうどよかったのかもしれません。ぜひ店舗で食べてみたい一杯でした。

 

札幌すみれ(北海道):味噌らーめん

f:id:monstere:20151112190156j:plain

 

言わずと知れた味噌ラーメンの名店です。

スープは濃厚なとんこつスープにショウガ、ニンニクがしっかり効かせてあり性格の強い味噌に負けない強いスープでした。味噌ラーメンのおとなしくも似たり寄ったりな味わいになりやすい傾向を払しょくできてる感じがします。

・・・ただ、残念なことに少しスープが濃かったです。すみれで修業した方のお店などでこの系統のラーメンは食べたことがあるのですがこれほど濃くはなかったです。見たところ出汁とタレを分けておらず同じズンドウで煮込んでいたような感じで、そのため煮詰まってしまったのではないかと思います。非常に残念でした。

麺は札幌のノーマルなタイプでした。太く縮れていて、味噌の濃厚な味に負けない味の強い麺でした。

 

せたが屋(東京):四つ巴焼豚麺

f:id:monstere:20151112191130j:plain

 

こちらも言わずと知れた名店ですね。強い煮干しの味わいが個性的な醤油ラーメンでまさに東京醤油ラーメンといった感じ。魚介の味わいを生かしつつも鼻にはつかず、動物系のスープとのバランスが良い仕上がりだと思いました。

チャーシューはとろとろとした脂身や肉のうまみを感じれる部位など多種多様で美味しかったです。食べたのが後半だったので脂身で吐きそうになりましたが・・・(笑)

麺も歯切れがよく、しゃっきりとしていてコシがあり美味しかったです。

 

なんつっ亭(神奈川):黒マー油トンコツ醤油ラーメン

f:id:monstere:20151112195619j:plain

 

黒マー油の先駆者ですね。スープは濃厚なとんこつと野菜の甘みが合わさってトンコツオンリーにはない複雑さがありました。この甘みと濃厚さを醤油と黒マー油がビシっと締めており奥深さとパンチを見事に両立させてました。魚介っぽさはないのにこの複雑さは結構衝撃でした。

麺はちょっと太めの低加水ストレート麺で博多トンコツラーメンによく使われているタイプの太いバージョンといった感じでした。硬さのわりに結構太さもあり少しスープになじんでいない感じがありました。黒マー油とトンコツ醤油の濃厚な味わいに負けない太さと形状はよかったと思うので加水率を高めて少し柔らかくした方が合うのではないかと思いました。

 

以上で北陸ラーメン博のレポートを終わります。

まだまだ食べたかったのですが流石にお腹の限界で6杯しか食べられず・・・各店もうちょっと量を減らしてもらえると助かります(笑)