読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暴飲暴食びより

富山在住の大学生による食べ歩きブログ。B級グルメがメイン

【ラーメンレポート】北陸ラーメン博

ラーメン

ブログ開設前の出来事ですが先月北陸ラーメン博に行ってきました。

イベントでは母と二人で合計6杯のラーメンを食べてきましたので各ラーメンについて評価したいと思います。

 

吉祥寺武蔵家(東京):とびうお塩とんこつラーメン

f:id:monstere:20151112183107j:plain

 

魚介のうまみと豚骨のまろやかさがマッチしてまとまりのある味わいに仕上がっていました。麺ものど越しよく腰もあり美味しかったです。ただ、とびうおが煮干し等に比べて魚介の香りが強くなかったため魚介感が薄く「食べやすい豚骨ラーメン」に収まってしまった感じが否めません。まとまりがあり美味しかったですが個性的なラーメンが集うイベントではインパクトに欠け、印象に残りずらかったです。とびうおの要素を強めて個性を出してほしいと思いました。

 

きむずかし家(長野):信州鶏白湯らーめん

f:id:monstere:20151112183716j:plain

 

近年注目されている鶏白湯スープの先駆者だそうです。スープは濃厚な鶏のうまみを軸に重層的にするために魚介出汁が混ぜてあります。鶏だけだと少し優しすぎる味わいが煮干し等の魚介出汁で引き締まり美味しく仕上がっていると思います。鶏臭さも消えて万人受けしやすくなっているのも煮干しのおかげでしょうか。煮干しが強すぎて鶏の味わいが損なわれているパターンの店もある中、ここは鶏の個性を残しつつ弱点をうまく消せていると思います。

麺は中太の平麺で柔らかめでした。少しコシが足りない気もしましたが平麺独特のぴらぴらとした食感が面白く、また麺に全粉粒らしきものが練りこまれており少しざらついた表面も形状と相まって面白い食感を出していました。好き嫌いがわかれそうです。僕は好きでした。

 

 麺や食堂(神奈川):コク旨淡麗しおそば

f:id:monstere:20151112184907j:plain

 

あっさりとしつつも、しっかりと煮出された出汁で濃厚なうまみが感じれる塩ラーメンでした。名前に恥じないコクと旨みだったと思います。塩ラーメンの弱点である調味料が塩だけで旨みが増加しない分単調になりやすい点も複雑な出汁と香味油のおかげで気になりませんでした。

麺は低加水のしゃっきりとした麺でコシはあるが歯切れがよく小麦の香りがしっかりする非常においしい麺でした。この小麦の香りも味わいを複雑にする一端を担っていたかと思います。

非常においしかったのですがあっさり故満足感に欠ける感じはしました。複数のラーメンを食べるラーメン博というイベントの中ではちょうどよかったのかもしれません。ぜひ店舗で食べてみたい一杯でした。

 

札幌すみれ(北海道):味噌らーめん

f:id:monstere:20151112190156j:plain

 

言わずと知れた味噌ラーメンの名店です。

スープは濃厚なとんこつスープにショウガ、ニンニクがしっかり効かせてあり性格の強い味噌に負けない強いスープでした。味噌ラーメンのおとなしくも似たり寄ったりな味わいになりやすい傾向を払しょくできてる感じがします。

・・・ただ、残念なことに少しスープが濃かったです。すみれで修業した方のお店などでこの系統のラーメンは食べたことがあるのですがこれほど濃くはなかったです。見たところ出汁とタレを分けておらず同じズンドウで煮込んでいたような感じで、そのため煮詰まってしまったのではないかと思います。非常に残念でした。

麺は札幌のノーマルなタイプでした。太く縮れていて、味噌の濃厚な味に負けない味の強い麺でした。

 

せたが屋(東京):四つ巴焼豚麺

f:id:monstere:20151112191130j:plain

 

こちらも言わずと知れた名店ですね。強い煮干しの味わいが個性的な醤油ラーメンでまさに東京醤油ラーメンといった感じ。魚介の味わいを生かしつつも鼻にはつかず、動物系のスープとのバランスが良い仕上がりだと思いました。

チャーシューはとろとろとした脂身や肉のうまみを感じれる部位など多種多様で美味しかったです。食べたのが後半だったので脂身で吐きそうになりましたが・・・(笑)

麺も歯切れがよく、しゃっきりとしていてコシがあり美味しかったです。

 

なんつっ亭(神奈川):黒マー油トンコツ醤油ラーメン

f:id:monstere:20151112195619j:plain

 

黒マー油の先駆者ですね。スープは濃厚なとんこつと野菜の甘みが合わさってトンコツオンリーにはない複雑さがありました。この甘みと濃厚さを醤油と黒マー油がビシっと締めており奥深さとパンチを見事に両立させてました。魚介っぽさはないのにこの複雑さは結構衝撃でした。

麺はちょっと太めの低加水ストレート麺で博多トンコツラーメンによく使われているタイプの太いバージョンといった感じでした。硬さのわりに結構太さもあり少しスープになじんでいない感じがありました。黒マー油とトンコツ醤油の濃厚な味わいに負けない太さと形状はよかったと思うので加水率を高めて少し柔らかくした方が合うのではないかと思いました。

 

以上で北陸ラーメン博のレポートを終わります。

まだまだ食べたかったのですが流石にお腹の限界で6杯しか食べられず・・・各店もうちょっと量を減らしてもらえると助かります(笑)