暴飲暴食びより

富山在住の大学生による食べ歩きブログ。B級グルメがメイン

【支那そばや 翠月】厳選素材の無化調らーめん!

今回は富山県呉羽市にある支那そばや 翠月さんに行ってきました!

 

素材にこだわった無化調無添加ラーメンがウリのお店です。警戒心が高まります(笑)

味以外の部分のウリにしてると「味が悪い免罪符にしているのでは?」と妙に警戒しちゃうんですよね(笑)

 

では紹介します。

f:id:monstere:20151205114834j:plain

 

 

注文したのは一番人気とあった「塩ネギらーめん」の全部乗せです。

まずはラーメンのスープを一口・・・

・・・塩のカドが立ち過ぎでね??

麺と一緒に食べたらそんなことも無いのかな・・・と麺をすすります。

・・・おお!麺旨い!低加水ぎみの中細ストレート麺でコシもあり小麦の香りも心地いです。スープの絡みもいいです。

・・・ですがスープは依然しょっぱいです。塩のとげとげしさが麺やスープの複雑(そうな)味わいを上塗りにしてる感じが否めないです。たっぷりと乗せてあるネギと食べても改善されません。

出汁は魚介と鶏ガラがベースの様で後味がさっぱりとした味わいなのですが、その後味の部分で塩のとげとげしさが出てしまっている感じがしました。トンコツ系の残るうまみが足りないことと、洗練しようとしてなのかあまり甘みがないタレのせいでとげとげしさが出てしまっているのかと思います。

せっかくの厳選素材の旨みや美味しい麺のうまみがきつい塩味で隠れてしまっていて非常にもったいなく感じます。

トッピングは揚げ玉ねぎと生ネギ、チャーシュー、メンマ、煮玉子、チンゲン菜(?)ワンタンでした。

揚げ玉ねぎを絡めた時だけ甘みでとげとげしさが緩和されてよかったです。香ばしさもプラスされておりいい働きをしていました。

チャーシューはスープに合わせた薄味で適度に油もあり塩ラーメンのボリュームのなさを補っていました。

煮玉子は名古屋コーチンの卵を使用しているそうです。味自体は黄身が濃厚で美味しかったのですが、かむと黄身がこぼれるほどの半熟で黄身が溶けて淡麗スープを濁らせてしまうのが少し残念でした。

ワンタンに関しては前述のしょっぱいスープをたっぷり吸っていて非常に塩辛く良く味わうことができませんでした・・・

生ネギは生の青臭さはなかったのはよかったのですがスープに溶かしてもそれほど清涼感を出すわけでもなく、甘みもそこまで付与するものではなかったので存在意義が薄かったように思いました。

 

総合的に見てスープの塩っ辛さがかなりの難点でした。

ですが出汁や麺はよかったのでポテンシャルはあると思います。今回頂いた平日割引券で醤油ラーメンでも再チャレンジしてみようと思いました。