暴飲暴食びより

富山在住の大学生による食べ歩きブログ。B級グルメがメイン

鶏白湯ラーメン「きんきち」 

富山県富山市呉羽にオープンした新店「きんきち」に足を運びました。

tabelog.com

 

f:id:monstere:20160313222602j:plain

 「鶏白湯らーめん」

富山では珍しい魚介ナシの純正鶏白湯スープのラーメンです。「一鶴」等の煮干し+鶏白湯のお店は結構あるのですが純正の店は県内初ではないでしょうか?

ではレビューしたいと思います。

 
・スープ

前述のとおり鶏白湯の出汁に醤油だれを合わせたものでした。魚介の風味は感じません。鶏白湯純正のラーメンは金沢の「壱鶏(現在は閉店済み)」や東京の「武一」などで食べたことがあったので似たようなものを想像していたのですが、飲んでみるとその2店に比べて濃度がかなり低くあっさり気味でした。鶏白湯は鶏自体が割とあっさりした味わいであるため濃度が高くてもしつこくはなり辛いのでもっと濃厚にしてもよかったのではないかなと思います。コクが不足気味かなと。

スープに浮いている鶏そぼろにも味がついているため、それと一緒に麺をすすると旨みが不足しているのを少し緩和できているように感じました。

 

・麺

モチモチ系とした食感の高加水寄り中細縮れ麺でした。かん水が多いようで少し鼻につきます。スープの濃厚さが足りないのに対して、かん水の匂いが強いため麺の主張が強いように感じました。

 

・具

しっとりと仕上げてある鶏チャーシューで非常においしかったです。煮玉子は黄身までしっかり塩味が効いて良い味に仕上がっています。ほぐしてある海苔は少し量が多いかなと思いました。海苔の味と香りが強くなりすぎて鶏の味を邪魔している印象でした。

 

総括

全体的にあっさりとしていて食べやすいですが、特に強い旨みも個性もあるわけでもなくわざわざ足を運ぶほどではないかなと思いました。