暴飲暴食びより

富山在住の大学生による食べ歩きブログ。B級グルメがメイン

【DOG HOUSE】 濃厚鶏白湯ラーメン

今回は県内にはなかなかない鶏白湯らーめんのお店

tabelog.com

さんにいってきました。割と県内では有名なお店らしいです。

 

f:id:monstere:20160521113741j:plain

「塩鶏白湯」

食券買ってるとラッキーにも当たり券が当たったためチャーシュー二枚と煮たまごがついてきて非常にボリューミーになりました。通常は画像から煮玉子と上の方のチャーシュー二枚が消えたものとなります。

 

スープ

天下一品ほどのドロドロ感は無いにせよトロリとしておりクリーミーです(天一は濃厚というより粉っぽいだけですが)。鶏のうまみと野菜の甘みが強く出ておりクリーミーさも合わさりクリームパスタのソースみたいでかなり洋風よりです(生クリームでも使ってんじゃねえか?)。臭みもなく旨みたっぷりで美味しいですが甘みと濃厚さが強いので後半は少し飽きてきました。が、胡椒を途中でいれることで新しいテイストが生まれ飽きが解消されて良かったです。胡椒入れるとスープの味が故障一色になってしまい美味しくないことも多いのですがここは濃厚でクリーミーゆえちゃんとマッチしていました。うん、ぶっちゃけいうとカルボナーラみたいなもんです。胡椒合いますね。

 

トロリとしたスープの中でも存在感が消えないしっかりと腰のある麺です。モチモチ系。中細のストレートに近い感じで、「誠や」さんの塩ラーメンの麺に近い感じがあります。さすがにスープが濃厚なため麺そのものの味はよくわかりませんでしたが癖がないためスープの味を邪魔せず良かったと思います。

 

まずチャーシュー。画像ではわかりにくいですが一応レアチャーシューで、がっつり醤油を聞かせたとろとろ系ではなくローストビーフの様な味わいで、まぶしてある胡椒も前述のとおりスープとマッチしており良いです。洋風スープにローストビーフ風チャーシュー。統一感が素晴らしいです。

次に薬味です。

 

 

・・・この洋風ポタージュスープに青ネギと海苔が絶望的に合ってません。

海苔は「ま、まあ。海のテイストを加えてくれてるからまあ・・・乾物臭さが気になるが・・・」ていどなんですが、青ネギは完全に邪魔でしたね。青臭さが臭みのないスープを味わう上で非常に邪魔です。せめてネギでも白い部分なら多少マシだったとは思いますが。ネギの香り自体日本のものって感じがあるので、香りの種類、強さともにミスマッチでした。薬味って臭み解消とか食感に変化をつけるために入れるもんですから、今回スープの臭みはないですし、食感重視で水菜とかブロッコリースプラウト、甘めのスープにメリハリを加えたいならカイワレ、もう完全に洋風にシフトしてバジルとかでもよかったと思うんですよね。

あとほぐした海苔とシート状のノリの両方とも入れる意味もわかんなかったです。どんだけ店長さんノリ好きなの。

あと、せっかくチャーシューは醤油味ではないローストビーフ風に仕上げてスープと良いコンビネーションだったのにメンマががっつり醤油味でつけてあったのも意味わからなかったですね。メンマもあくまで食感に変化を与えるための役割なんで、エリンギとかシメジのバター炒めとかでコリコリ感を演出してもよかったんじゃないかなあ、と。

気配りが薬味にまで届いていないのが非常に残念でした。麺とスープとチャーシューまではかなりレベル高かったんですがね・・・

 

総評

今回は「塩鶏白湯」を食べましたが、一応の看板は「醤油鶏白湯」らしいので今度はそっちの方を食べてみたいと思います。これはあくまで想像ですが、醤油の方の具をそのまま流用しちゃったせいで今回のようなチグハグ感がでてしまったのかな、醤油ならベストマッチだったのかな?っと思っているところもあります。なので今度は醤油の方で再チャレンジしてみようかな、と。スープと麺は非常に良かったのでポテンシャルは感じました!次に期待します!

 

ではまた